ボトックス注射を受けるメリット【安全性が認められている治療方法】

サイトメニュー

憧れの小顔になる

注射

顔の輪郭がほっそりする

小顔になりたいと誰しもが一度は考えたことがあるでしょう。その願いが現実になるのがボトックスの注射です。エラの筋肉が発達しすぎているために顔が大きくなってしまったという方におすすめの施術です。ボトックスをエラ部分に注入することで、エラの張りを縮小させることができます。咬む時に使う咬筋という筋肉の作用を弱め、使わなくさせることで筋肉自体が痩せていくという過程です。食事をするには支障が出ないので安心してください。また、注射のみの施術になるので傷跡が目立ちません。具体的な施術はエラの部分に数か所、ボトックスを注入していきます。時間にして10分程度で完了します。注射する量や箇所についてはドクターと相談の上で決めるので心配いりません。2週間ほどで効果が出始め、1ヶ月ほど経過するとフェイスラインがスッキリしてくるのが分かります。効果の持続期間としては個人差はありますが、3ヶ月から4ヶ月となります。少しずつエラの張りがなくなっていくので自然な流れで小顔になれます。ボトックスの注射の効果を長期間にすることが可能です。それは継続してボトックスの注射を受けることです。4ヶ月から5ヶ月毎に3〜5回ほど繰り返してボトックスを注入することで小顔効果を持続させることができます。小顔効果が切れてしまう前に改めて注射するほうがより高い持続効果を発揮すると言われています。これは元の顔の大きさに戻ってからの注入ですと、注射をして小顔になるまでに時間がかかってしまうからです。再びボトックスの注射を受けるタイミングはクリニックで相談していきましょう。繰り返して施術すると1年半から2年ほどの時間を要しますが、その結果として小顔が半永久的に手に入るなら嬉しいですよね。継続して施術することでエラの筋肉がずっと痩せたままの形をキープしてくれるので、フェイスラインがスッキリした状態を保てます。同じ薬品を打ち続けることに抵抗を感じるかもしれません。しかしながら、ボトックスは現在も一般的な治療用として使われている薬品なので、打ち続けても安全性が確保されています。

Copyright© 2018 ボトックス注射を受けるメリット【安全性が認められている治療方法】 All Rights Reserved.